天龍寺 世界遺産「古都京都の文化財」– 京都・嵐山 Day1

スポンサーリンク

2015年3月、京都と姫路へ行って来ました。

天龍寺

「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている天龍寺に来ました。
足利尊氏が1339年に創建した臨済宗の寺院です。

天龍寺法堂 雲龍図

まずは法堂(はっとう)の「雲龍図」を見学に行きます。
明治時代に描かれた雲龍図は損傷が激しかったため、一部が保存され、1997(平成9)年に記念事業として新たな雲龍図が法堂天井に描かれました。

参拝料は法堂だけで500円。
どこにいても龍が見つめるという八方睨みの迫力ある雲龍図は残念ながら撮影禁止でした。

公開日は土曜日・日曜日・祝日のみ。
そのほか春と秋に2~3ヶ月ずつ、毎日公開される特別参拝日が設けられています。
ちょうど春の特別公開中でした(公開日詳細は公式HP参照)。
京都府 京都 嵐山 天龍寺 法堂

天龍寺

境内を散策します。参拝料は庭園と諸堂(建物内部)合わせて600円でした。

・庭園(曹源池・百花苑)500円
・諸堂(大方丈・書院・多宝殿)庭園参拝料に100円追加
※2016年9月から諸堂参拝料が改定されました:100円→300円

台所や寺務所の役割を持つ庫裏(くり)と呼ばれる建物から入ります。
京都府 京都 嵐山 天龍寺

玄関を入ると禅宗の祖とされる達磨大師の大きな衝立が出迎えてくれます。
京都府 京都 嵐山 天龍寺 達磨図

順路に沿って、小方丈と呼ばれる書院へ来ました。
床の間に達磨大師図がかかっていました。
京都府 京都 嵐山 天龍寺 達磨図

大方丈と曹源池庭園

天龍寺で一番大きな建物である大方丈と曹源池庭園(そうげんちていえん)を小方丈から一望できます。
この美しい池泉回遊式庭園は庭の外側にある嵐山の自然の美を庭の内側へ一体化させて取り込む借景と言われる手法が使われています。
天龍寺を開山とした夢窓疎石が造園しました。国の特別名勝・史跡に指定されています。
京都府 京都 嵐山 天龍寺 曹源池庭園

小方丈から多宝殿と呼ばれる祠堂までは屋根付きの長い廊下が続いています。
廊下は少し上り坂になっています。振り返って写真を撮ってみました。
京都府 京都 嵐山 天龍寺 

途中、右側に茶室「祥雲閣」がありました。
京都府 京都 嵐山 天龍寺 大堰川

茶室の横を流れるこの美しい小川は大堰川だそうです。
大堰川は渡月橋のある桂川の支流のひとつで、ここから曹源池に流れ込んでいるようです。
京都府 京都 嵐山 天龍寺 大堰川

花頭窓(かとうまど)から見える景色も風情があります。
京都府 京都 嵐山 天龍寺 

多宝殿

後醍醐天皇の尊像を祀る祠堂である多宝殿へ来ました。
襖絵はたくさんの虎(黄)と獅子(白)、紅白の牡丹が描かれていました。
京都府 京都 嵐山 天龍寺 多宝殿

こちらでは随時、写経が体験できるそうです。
京都府 京都 嵐山 天龍寺 多宝殿

大方丈の襖絵「雲龍図」

大方丈まで戻ってきました。
京都府 京都 嵐山 天龍寺 大方丈

大方丈の内部から曹源池庭園を眺めると絵画のような景色を見ることが出来ます。
京都府 京都 嵐山 天龍寺 大方丈

大方丈には高さ165cm、幅10mほどの迫力ある大きな襖絵「雲龍図」があります。
この襖絵は京都文化協会とキャノンが文化財保存活動の一環として行っている「文化財未来継承プロジェクト」で作成された精巧な複製品で、天龍寺へ寄贈されました。

江戸時代の絵師 曽我蕭白(そがしょうはく)の作品であると明らかになっていますが、頭と尾の間にあったと伝わる胴体部分の襖絵の行方、元々どのお寺の所蔵作品であったかは分からないそうです。
オリジナルは現在、アメリカのボストン美術館に所蔵されています。
京都府 京都 嵐山 天龍寺 雲龍図

小方丈と曹源池庭園が見渡せる場所まできました。
京都府 京都 嵐山 天龍寺 大方丈

方丈から庭園に出ました。
白い砂利石を敷き詰めた庭が美しいです。
京都府 京都 嵐山 天龍寺 大方丈

庭園 百花苑

曹源池庭園を抜け、百花苑と呼ばれる庭園を散策します。
桜やつつじ、たくさんの春の花が咲き始めていました。

天龍寺の庭園はとても広く見応えがあります。全て見て回るのには時間がかかりました。京都府 京都 嵐山 天龍寺 百花苑

天龍寺を抜けて、嵯峨野の観光名所である竹林の道へ向かいます。

天龍寺公式HP)08:30~17:30
(閉門:17:30 / 10月21日~3月20日は閉門17:00)

投稿時より約2年前の旅行記のため、情報に変更のある可能性があります。

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です