金沢城の実質的正門「河北門」を見学(金沢城公園/100名城)– 金沢 Day3

スポンサーリンク

2016年12月、北陸新幹線に乗って金沢に行って来ました。

橋爪門続櫓 + 五十間長屋 + 菱櫓

戌亥櫓跡から坂を下りてきました。
橋爪門続櫓 + 五十間長屋 + 菱櫓が見えます。
長さが五十間(約100m)あることから名がついた五十間長屋の内部は昨日見学しました。


石川県 金沢 金沢城 金沢城公園 五十間長屋

橋爪門

金沢城で最大規模の枡形門です。
今日は天気が良いので白い壁が青空に映えています。
石川県 金沢 金沢城 金沢城公園 橋爪門

河北門

三の丸広場の正面にある河北門は、金沢城の実質の正門として利用されていました。
石垣は隙間なく積み上げる「切込接(きりこみはぎ)」という方法で、620個の石が使用されています。
平成22年に復元されたこの二の門内部を無料で見学できます。右側の階段から入ります。
石川県 金沢 金沢城 金沢城公園 河北門

階段からは二の丸広場が一望できます。
石川県 金沢 金沢城 金沢城公園 河北門

河北門内部に入りました。五十間長屋と造りは一緒のようです。
ヒノキの一種である能登ヒバが使用されているそうです。
石川県 金沢 金沢城 金沢城公園 河北門

門の窓からは菱櫓も見えます。
石川県 金沢 金沢城 金沢城公園 菱櫓

最後に三の丸側から橋爪門続櫓 + 五十間長屋 + 菱櫓の写真を撮りました。
日が少し陰ってきましたが、青空の写真が撮れるのは嬉しいです。
石川県 金沢 金沢城 金沢城公園 橋爪櫓 菱櫓 五十間長屋

石川門

重要文化財の石川門。
現在の石川門は、天明8(1788)年に再建されました。
石川県 金沢 金沢城 金沢城公園 石川門

石川門の石垣

左右で積み方が違います。右側は「切込接(きりこみはぎ)」、左側は「打込接(うちこみはぎ)」で積まれています。
同じ場所に違う積み方をする石垣があることは大変珍しく、明和2(1765)年の改修時のものだと言われているそうです。
この2つの石垣の境目に置かれている禁煙の看板。どうしても写真に写りこんでしまうのが残念でした。
石川県 金沢 金沢城 金沢城公園 石川門

金沢城をあとにします。
2日に分けて見て回ることができ、楽しめました。
石川県 金沢 金沢城 金沢城公園 石川門

金沢城址

記事リンク:金沢城と兼六園

  1. 兼六園:日本三名園の一つで美しい雪吊を見てきました
  2. 金沢城(金沢城公園/100名城)加賀藩主前田家14代の居城
  3. 加賀藩前田家の庭園「玉泉院丸庭園」(金沢城公園/100名城)
  4. 金沢城内の重要文化財 三十軒長屋から本丸跡をめぐる(金沢城公園/100名城)
  5. (当記事)金沢城の実質的正門「河北門」を見学(金沢城公園/100名城)
スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です