2022.07 ANAインターコンチネンタルホテル東京旅行記(国内)

ANAインターコンチネンタル東京:ホテル設備

ANAインターコンチネンタルホテル東京 2022.07 ANAインターコンチネンタルホテル東京
スポンサーリンク

2022年07月、ANAインターコンチネンタル東京に宿泊しました。

ANAインターコンチネンタル東京

今回宿泊したホテルは5駅も利用できる便利な立地に建つ地上37階、地下3階建ての「ANAインターコンチネンタル東京(公式HP)」です。

  • 地下鉄銀座線/南北線 溜池山王駅 13番出口から徒歩1分
    地下鉄丸の内線/千代田線 国会議事堂前駅 溜池山王駅13番出口から徒歩1分
  • 地下鉄南北線 六本木一丁目駅 3番出口から徒歩2分
  • 地下鉄千代田線 赤坂駅 5番出口から徒歩10分
  • 地下鉄日比谷線 神谷町駅 4番B出口から徒歩10分
ANAインターコンチネンタルホテル東京
ANAインターコンチネンタル東京(左)と アークヒルズ(右)

溜池山王駅の長い地下通路を歩き、13番出口を出てまっすぐ歩くとホテル入口に到着します。

ANAインターコンチネンタルホテル東京

今回は「都内観光促進事業『もっとTokyo』」を利用して宿泊しました。

都内観光促進事業『もっとTokyo
宿泊旅行は1泊5,000円、日帰り旅行は1回2,500円の定額助成があります。1回の旅行の宿泊上限は1人5泊で、利用回数に制限はありません(適用条件は もっとTokyo 公式HPを参照)。
対象期間は2022年7月31日までで、今後は状況を見極めながら8月22日の再開が検討されています。

atsu
atsu

もっとTokyoで1人あたり5,000円の助成、さらに館内レストラン および インルームダイニングで利用できるホテルクレジット(1室あたり1万円)付きのプランでした。

ANAインターコンチネンタルホテル東京

1階 ホテル内部

地下と吹き抜けになったホテル1階ロビーです。
1階にはリムジンカウンターやブライダルサロン、結婚式場、宴会場があり、地下には宴会場が並びます。

ANAインターコンチネンタルホテル東京

2階 フロントデスク

2階にあるフロントも吹き抜けで、こちらでチェックインしました。

ANAインターコンチネンタルホテル東京

37階建てのホテルは、7~34階が客室です。

ANAインターコンチネンタルホテル東京
mico
mico

今回は17階のお部屋に宿泊しました。

ホテル設備

2階 アトリウムラウンジ

120席もある広いアトリウムラウンジ(公式HP)です。
仕切で区切られた向こう側には、朝食からランチ、ディナーまで様々な食事が楽しめる「カスケイドカフェ(公式HP)」があります。今回の宿泊では、朝食会場として利用しました。

ANAインターコンチネンタルホテル東京

3階 レストラン&バー

ホテル内には、7つのレストラン、5つのバーとラウンジがあります(公式HP)。
レストランの多くは3階にあります。

ANAインターコンチネンタルホテル東京

シャンパン・バー by テルモン(公式HP)は、フロントの吹き抜け上にあり、目を引く開放的な空間です。この日は「ランチ&抹茶スイーツブッフェ」が開催されていました。

ANAインターコンチネンタルホテル東京

4階 Ka-tsu ヘルス&フィットネスセンター

宿泊者は24時間無料で利用できるジム(公式HP)があります。
ジム内にロッカー、シャワーブース、洗面台があり、フェイスタオル・バスタオルは無料で利用できます。

ANAインターコンチネンタルホテル東京

4階 ガーデンプール

ジムのすぐ横にガーデンプールへの入口があります。
20m×13m×最深1.3mのガーデンプール「#MUMMBEACHCLUB(マム ビーチクラブ)」。「プール付き宿泊プラン」を予約するか、入場料金を支払うことで利用できます。

ANAインターコンチネンタルホテル東京

ANAインターコンチネンタル東京(公式HP

コメント

タイトルとURLをコピーしました