大阪城(100名城)青屋門から天守閣へ – 大阪 Day3

スポンサーリンク

2019年3月、2泊3日で大阪へ行って来ました。

JR大阪城公園駅から歩く

JR大阪城公園駅から歩いて青屋門まで来ました。


青屋門

大阪城には四つの出入口があり、その1つがこの「青屋門」です。
焼失などで何度も再建されており、この門は1969年(昭和44年)に建てられたものです。
大阪 大阪城 青屋門

門をくぐると、大阪城が見えてきます。
大阪 大阪城 天守閣

大阪城 内壕

大阪城の内壕(うちぼり)を観光船が走っていました。
豊臣秀吉の馬印である千成瓢箪が掲げられているのが見えます。
大阪 大阪城 天守閣 御座船

太閤秀吉の「鳳凰丸」を参考に装飾された「御座船(公式HP)」です。
大阪 大阪城 天守閣 御座船

立派な石垣を眺めながら大阪城内壕を約20分で周回できるそうです。大阪 大阪城 天守閣 御座船

御座船の発着所はこの橋「極楽橋」の近くにあり、10分間隔の3隻体制で運行しています。
大阪 大阪城 天守閣 御座船

極楽橋

大阪城天守閣へ向かいます。
大阪 大阪城 天守閣

内堀にかかる「極楽橋」は江戸時代は幅8mの木造でしたが、現在は長さ54m、幅5.4mで、鉄筋コンクリートで造りです。歴史的景観に配慮して、上部は木造で伝統的な擬宝珠高欄造りになっています。
大阪 大阪城 天守閣 極楽橋

刻印石広場

極楽橋を渡った先に広がる広場は、大阪築城400年を記念して、1983年(昭和58年)に造られた刻印石広場です。
昔の石置場、周辺から出土したもの、城内の石垣修理で撤去されたものを展示しているそうです。

刻印の意味は諸説ありますが、所有者の印とも工事の際の識別マークだともいわれています。
色々なマークがありましたが、写真の◎刻印は築城の名手肥後熊本加藤清正公の刻印です。
大阪 大阪城 天守閣 

天守閣へ

刻印広場からも天守閣、天守閣回廊下(黒壁)に描かれた金色の伏虎が見えます。
天守閣の外壁に動物が描かれているのは大変珍しいそうです。
大阪 大阪城 天守閣

大阪城天守閣に向かうため、坂のスロープを上がります。
大阪 大阪城 天守閣

このスロープを上がったところから山里口出枡形。
外側に張り出した枡形で、外敵が一気に進入できないように設けられたものです。
ここから見る天守閣が一番よく見えました。

大阪 大阪城 天守閣

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です