2018.07 神奈川県・箱根 旅行記(国内)

大涌谷 白煙を噴き上げる観光地で黒たまご – 箱根 Day2

箱根 箱根ロープウェイ 大涌谷 2018.07 神奈川県・箱根
スポンサーリンク

2018年7月、特急ロマンスカーに乗って箱根に行って来ました。

大涌谷

箱根ロープウェイで大涌谷に到着しました。

箱根 箱根ロープウェイ 桃源台 大涌谷

大涌谷は約3100年前、箱根火山の水蒸気爆発でできた山崩れ・爆裂の跡です。
硫黄で黄色に染まった大地から白煙がのぼり、活火山ということを再認識します。
箱根 箱根ロープウェイ 大涌谷

大涌谷駅~早雲山駅間のロープウェイはこの上空を通っています。
箱根 箱根ロープウェイ 大涌谷

手前の階段状の部分は土砂止めのようです。
温泉を送る管(送湯管)が張り巡らされているのも確認できます。
箱根 箱根ロープウェイ 大涌谷

大涌谷 立入禁止区域

2015年(平成27年)に(2001年以来14年ぶり)小規模な噴火が起こり、火山ガス警戒のため大涌谷園地周辺は規制され、大涌谷自然研究路は閉鎖されました。
箱根 箱根ロープウェイ 大涌谷 登山道

以前は大涌谷自然研究路の頂上にある玉子茶屋で黒たまごが買えましたが、現在は立入禁止区域です。
ほぼ写真中央にある四角い建物はシェルターです。規制解除後の安全対策のひとつとして建設されたそうです。
箱根 箱根ロープウェイ 大涌谷

中央にそびえる冠ヶ岳(かんむりがたけ)の標高は1,409m。約2900年前の小規模な火砕流で出来たそうです。
少し離れたところから全景を見ると、地滑りのようなの跡も見えました。
箱根 箱根ロープウェイ 大涌谷

大涌谷は江戸時代には「地獄谷」や「大地獄」と呼ばれていたのだそうです。
箱根 箱根ロープウェイ 大涌谷

大涌谷くろたまご館

大涌谷くろたまご館(公式HP)に来ました。
1つ食べれば7年寿命が延びると言われる大涌谷名物、延命長寿の「黒たまご」をいただきます。
箱根 大涌谷 玉子茶屋 黒たまご キティ くろたまにゃんこ

黒たまご 5個入500円 (バラ売りはしていません)

黒たまごは約80度の温泉に60分ほどつけて作られる固茹でたまごです。
温泉に含まれる硫黄と鉄分が反応して、黒い硫化鉄となり、卵の殻が黒色に変色します。
店内でも食べられるように専用のテーブルとゴミ箱(写真:蛍光黄色)があったので、早速いただきました。
箱根 大涌谷 玉子茶屋 黒たまご

黒たまごは熱々。あまりにも熱くてたまごを掴むのも、殻を剥くのも大変でした。
添付の食塩を使うと食べやすく旨味を強く感じました。
美味しく食べるために小さなマヨネーズを持参されている方も見かけました。
箱根 大涌谷 玉子茶屋 黒たまご

大涌谷くろたまご館の前には黒たまごの椅子がいくつもあります。
箱根 大涌谷 玉子茶屋 黒たまご 椅子

大涌谷を上空から眺められる箱根ロープウェイに乗り、まずは早雲山駅へ向かいます。

 

大涌谷くろたまご館(公式HP

コメント

タイトルとURLをコピーしました