市内バスで行く!うなぎパイファクトリー – 静岡・浜松 Day2

スポンサーリンク

2016年2月、静岡/掛川/浜松に1泊2日で行って来ました。

市内(路線)バスで うなぎパイファクトリーへ

うなぎパイファクトリーへの送迎サービスはありません。
最寄り駅である「JR高塚駅」からタクシーで行くことも考えましたが、距離があるため、往復するとかなり高くなりそうでした。
市内(路線)バスであれば、周遊きっぷ 「ふじのくに家康公きっぷ」の範囲内。安く行くために最寄りまでバスに乗り、残りは歩くことにしました。

(注意)
最寄りのバス停からうなぎパイファクトリーまでの最短ルートは アップダウンのある山道だったので、歩くのが好きでない場合はおすすめ出来ません。途中でタクシーを拾えるような道路ではありませんでした。また、街灯も少ないので暗くなってからや雨などの天気の悪い日も避けた方が良いと思います。

浜松駅から 遠鉄バス

浜松駅バスターミナル1番乗り場の遠鉄バス(公式HP) 37系統 「神ケ谷経由山崎行き」に乗ります。
1時間に1本しかないバス(時刻表.pdf) なので、乗り遅れないように早めにバスターミナルに到着しました。
遠鉄バス路線図

バス停から徒歩

浜松駅から約 30分で 「大久保」のバス停(大中部公会堂近く)に到着しました。
バス停の周りは点在する住宅と畑ばかりでした。

帰りのバスの時間を確認してから、Google mapを頼りに のどかな山合いを上り下りしながら歩きます。
結果は近道でしたが…Google先生はこんな畑の間の道を通れ!などとおっしゃいます。
うなぎパイファクトリーへの道

うなぎパイファクトリー

大久保バス停から山道を歩くこと20分。
うなぎパイファクトリー(公式HP)が見えてきました。
うなぎパイファクトリー

到着しました。入口には大きな「うなぎパイ」トラックが止まっています。
観光バスや自家用車で来る方ばかりで、徒歩で来る方は一人も見かけませんでした…。
うなぎパイファクトリー

工場見学(自由見学)

簡単な申込用紙に記入するだけで、自由に見学することができます。
※自由見学は予約不要ですが、ガイド付の工場見学(公式HP:ファクトリーツアー)は事前予約が必要です。

ガラス越しに「うなぎパイ」が作られていくのを見学できます。
うなぎパイファクトリー

2階へ上がります。良く見ると手すりがうなぎの形をしています。うなぎパイファクトリー

2階からは箱詰め作業などの工場ラインをガラス越しに見学できます。
自由見学できるところは限られていて少ないですが、工場見学はいくつになっても楽しいです。
うなぎパイファクトリー

うなぎパイカフェ

工場見学と同じくらい楽しみにしていた「うなぎパイカフェ(公式HP)」へ。
季節限定メニューの「うなぎパイのミルフィーユ仕立て~苺~」と「うなぎパイ V.S.O.P.の紅茶パフェ」を注文しました。

工場見学記念にいただいた小さなうなぎパイ(写真左)とカフェメニュー。
うなぎパイファクトリー
うなぎパイファクトリー

うなぎパイのミルフィーユ仕立て~苺~ 珈琲セット  1,050円

写真通りのデザートがきました。
うなぎパイをウエハース替わりにしていただきます。
うなぎパイのミルフィーユ仕立て

うなぎパイ V.S.O.P.の紅茶パフェ 静岡茶セット 1,300円

香りと風味が良い"真夜中のお菓子"「うなぎパイV.S.O.P.」のパフェです。
背が高すぎて、写真におさめるのが大変でした。うなぎパイVSOPの紅茶パフェ

うなぎパイカフェの照明はうなぎパイで飾られてました。
うなぎパイファクトリー

1階に戻ると工場直売のお土産売場は試食もできるため大混雑。荷物になるのでここでの購入は諦めました。
「うなぎパイ」は割れ易く発送に不向きなため、オンラインでの販売はしていないのだそうです。
直営店舗または百貨店(公式HP:うなぎパイ取扱店)での販売のみとのことなので、浜松駅近くで買うことにしました。

バスの時間に間に合うように少し早めに出て、来た道を歩いて戻ります。


うなぎパイファクトリー(公式HP
入場無料/ 09:30~17:30(7月8月は18:00まで

遠鉄バス「大久保」バス停

うなぎパイファクトリーから歩き、遠鉄バス(公式HP) 大久保バス停(浜松駅行き方面)に到着しました。
遠鉄大久保バス停

時刻表(2016/02現在)

遠鉄大久保バス停時刻表

バスは定刻通りにきました。空いていたので安心して座れました。
「美術館」バス停まで行き、浜松城へ向かいます。

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です