エックスサーバー(Xserver)に引っ越しました

スポンサーリンク

このブログはAWSで運営していましたが、無料期間の12ヶ月が切れると月額使用料金が高くなることがわかったので、エックスサーバーへ引越ししました。

AWS利用時代

AWSの無料枠を活用しWordpressを構築しました。構成図はこのような感じです。
ブログ引越し aws
powered by cloudcraft.co

最終的な利用料は毎月1.5ドルくらいでしたが、最初に手に入れたクレジットが有効になっていたため、無料で運営することができました。

AWSではアカウント作成で 25ドルのクレジットコードがもらえるキャンペーンを時折実施しています。
現在2017年4月17日までの期間限定で行われているので、興味がある方は利用してみてはいかがでしょうか。https://aws.amazon.com/jp/campaigns/2017-spring/ → 本キャンペーンは終了しました。

移行先を検討し手続き

移転先を検討しました。

エックスサーバー“"を選択したのは、

  • 推しているブログ記事が多かった
  • 目立つデメリット記事がなかった
  • A8.net“"のセルフバックを利用すれば割引がある

A8.net“"のセルフバックから申し込み、作業は下記の順に進めました。

(作業1)ドメインの設定

Xserverのサーバーパネルからドメイン( futari-de.net )を設定します。
当ブログの画像ファイルはサブドメイン( static.futari-de.net )に配置しているので、このサブドメインも登録します。

移行作業中は新しいサーバーにアクセスするために、hostsファイルへ新しいサーバーの IPアドレスとドメイン名を登録しておきます。
hostsファイルは mac ならターミナルで sudo vi /private/etc/hosts 、
windowsなら c:\windonws\system32\drivers\etc\hosts を編集します。

# (新しいサーバーのIPアドレス)=321.321.321.321

321.321.321.321   futari-de.net
321.321.321.321   www.futari-de.net
321.321.321.321   static.futari-de.net

hostsファイルを変更後、ブラウザを使って設定したドメイン( futari-de.net )とwww付き( www.futari-de.net )、画像配置用のドメイン( static.futari-de.net )にアクセスできるようになります。

(作業2)DB(MySQL)の作成

Xserverのサーバーパネルから MySQLを設定します。
DBのユーザーを作成し、アクセス権を付与します。
ブログ引越し Xserver MySQL

(作業3)SSHの設定

サーバーのファイルを操作したいので、SSHで接続する準備をします。
これは必要な場合だけで良いと思います。
ブログ引越し Xserver SSH

(作業4)移行元のAWSでバックアップ

wordpress のプラグイン、BackWPupを使用してデータとwordpressファイルや画像ファイルをバックアップしました。
https://ja.wordpress.org/plugins/backwpup/

バックアップしたファイルを自分のPCにダウンロードします。

(作業5)移行先でデータの復元

Xserverにはphpmyadminが用意されています。作成したDBユーザーでアクセスし、対象のDBにバックアップしたデータファイルをアップロードし実行します。

1箇所エラーが発生しました。

ERROR 1298(HY000) at line 18 : Unknown or incorrect time zone 'utc'

タイムゾーン'UTC'を知らないというエラーです。'+00:00'に置き換えました。

/*!40103 SET TIME_ZONE='UTC' */;
/*!40103 SET TIME_ZONE='+00:00' */;

(作業6)移行先でコンテンツの復元

バックアップした wordpressのファイルと画像ファイルをXserverにアップロードします。
wp-config.php ファイルを編集し、DBの接続先とユーザーを編集します。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define( 'DB_NAME', 'database_name_here' );
/** MySQL データベースのユーザー名 */
define( 'DB_USER', 'username_here' );
/** MySQL データベースのパスワード */
define( 'DB_PASSWORD', 'password_here' );
/** MySQL のホスト名 */
define( 'DB_HOST', 'localhost' );

ログインをして動作を確認します。
動作が速くていいですね。

個別ページを開いたときにエラーとなりました。
パーマリンク設定画面を開き、変更を保存ボタンを押して適用しました。

(作業7)ネームサーバの変更

ネームサーバの変更を行います。
futari-de.net のネームサーバを AWSからXserver に変更します。

(作業8)SSLの設定

ネームサーバの変更後にSSLを設定します。

ネームサーバを変更する前にSSLを設定しようとするとエラーメッセージが表示されます。
ブログ引越し Xserver SSL error

ネームサーバを変更後にSSLを設定することができます。
ブログ引越し Xserver SSL

(作業9)後始末

hostsファイルを編集したままだったら、元に戻しておきましょう。

移行後の感想

データのバックアップ時に出力されたエラーに戸惑いましたが、それ以外は想定通りの作業で簡単でした。
サーバーの反応は期待以上に速く、今のところストレスなく利用できています。



“"

お試し期間として10日が用意されているので、興味がある方はXserverを使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です